岡山県倉敷市の水島高圧瓦斯です。LPガス、灯油販売に関してはお任せ下さい。

>
>
揚げもの温度調節機能 篇

 

 
コンロで温度を自動調節。揚げものもおまかせ!
 

 

揚げる材料に応じて、お好みの温度に 設定すれば、火加減を自動調節します。

油の温度変化を抑えて、カラッと美味しく仕上がります。

 

 

 ※一部の商品を除きます。

 

とってもカンタン!揚げもの温度調節機能を使おう!

 コンロについている温度設定機能を使えば、揚げものの温度調節が簡単です!

 コンロが火力調節や時間を自動で調整し、設定温度になったら火力が自動で

小さくなります。たくさん入れて温度が下がっても、またまた自動で火加減を

調節してくれるので、カラッと美味しく仕上げてくれるんです♪

 

 ※温度調節モードはすべての商品には付いていません。カタログや取扱い説明書などで、

  温度調節モードがあるかをご確認ください。

 

 

 揚げもの温度調節機能の使い方 

 

 

   天ぷらを揚げる     

 

 

  揚げものスイッチで180℃に設定

            

  設定温度になったらお知らせ。

  180℃で火力を自動調節します。

 

 ※操作ボタンや機能は機種により異なりますので、詳しくは取扱い説明書をご確認ください。

 

揚げもの温度調節機能でおまかせレシピ

自動温度調節機能を使ったレシピをご紹介します♪

 

 今回は旬のカキと鮭をフライにしました★

 

 

 

「カキと鮭の変わりタルタルソース」

 

   

材料(3人分)

カキ(大きめ) 10個位
生鮭 2切れ
☆塩 小さじ1
☆水 1.000cc
1個
薄力粉 適量
パン粉 適量
小ネギ 3~4本
○マヨネーズ 大さじ4
○酢 大さじ1/2
○塩・こしょう 各少々
○しょうが (すりおろし) 適量 

 

 

 

   

 

   
作り方
  1. ☆の塩と水入れたボウルでカキをキレイに洗い、ザルにとります。沸騰した鍋に  カキを5秒間入れ直ぐに引き上げます。ポイント① 
  2. 引き上げたカキの水分をペ-パ-タオルでやさしくとります。ポイント② 
  3. 後は薄力粉→卵→パン粉の順で整え、カキにまんべんなく薄力粉を付ける事が重要です!ポイント③粉がついていないと衣がハゲます。) 
  4. 揚げものボタンを押し、180℃を選択します。(設定温度になるとお知らせします。)※機種により異なります。 
  5. カキは1分間程度揚げます。鮭は4~5分程度揚げます。(フライがピチピチと水っぽい音になってきたら揚がっています。) 
  6.  ○の調味料と小ネギをボールに入れて、混ぜ合わせタルタルソースを作ります。
  7. 器に盛り付け、6のタルタルソースをかけて出来上がり♪付け合せにきゃべつの千切りを添えます。

 

コツ・ポイント

カキフライを上手に揚げるには、下処理と衣のつけ方が肝心です。水っぽくならない
カキフライのポイントは3つ!!ぜひお試しください☆

しょうがを効かせたねぎのタルタルソースが、脂ののった鮭とからんでまろやかな味わいになります☆鮭が肉厚の場合は、油の温度を少し低めにして、じっくりと中まで火を通してください。

上へ戻る